スタッフブログ「ネットでちょっと」

ニュース

HOME > ニュース > 教育 > 南区では3校追加/中学校のランチサポート

南区では3校追加/中学校のランチサポート

(11/05/03)

 堺市は、5月から中学校のランチサポート実施校を14校増やす。全部で21校となり、市立中学校43校のほぼ半分で実施する。

 南区では福泉南中、宮山台中、若松台中で実施。すでに実施中の赤坂台中と三原台中を合わせると5校。南区の9校のうち半分以上で実施することになる。

 堺市は中学校給食を実施しておらず、家庭弁当の持参が基本。弁当を持参できない生徒のために、昨年から市が指定した業者がランチを届けるサポート事業を始めた。

 弁当配達業者は、今年もプロポーザル方式(事業参加企画提案書表明方式)で募集し決める。赤坂台中は、昨年度はセブンイレブンだったが、今年度から日本誠食に変わった。週間ランチメニューを見て、代金を添えて当日の朝に申し込む。今までは390円だけだったが、4月から大盛り300円と並盛り280円の2種類に。

 利用状況は実施校によってばらつきがある。昨年度は、いちばん多い学校で1日20食。少ない学校は1食。平均で7食。

 堺市だけが給食をせず
 なお、近隣で中学給食がなかった河内長野市でも、今年度から弁当か給食か選べる選択制給食の実施を決めた。政令市で中学校給食がないのは、堺市のほかは大阪市と横浜市だけ。ただし、大阪市は2年後から選択制給食を始める。

[高橋]

<<前のページに戻る

▲ページ上部へ戻る