ウワサのお店

トピックス

地域の交流カフェ好評/「ОHANA」

(17/06/01)

 生活支援サービスたんぽぽが4月、城山台2丁(ライフ裏)にオープンさせた地域の交流カフェ「ОHANA」が好評だ。1階のカフェでは、350円のモーニングや、オリジナルの出汁巻たまごサンドなどを提供。2階には、スタジオを併設し、ワンコインで楽しめるフラダンスや、ウクレレ、脳トレ筋トレなどが誰でも参加できるプログラムが用意されている。「気軽に立ち寄ってください」と、スタッフたち。

約20年前の介護保険制度が始まる前、介護で疲れ果てた近隣の人から相談を受けた平本惠子さんと林妙子さん姉妹。「介護疲れの家族に休息の場を作ってあげたい」と、介護する人と介護を受ける人双方に心休まる支援を目的に生活支援サービスを設立。南区高尾に事務所を置き長年活動してきた。

この度、以前から念願だった介護を超えた地域のコミュニティの場所作りが、城山台で実現。スタッフの手作りで完成させたスタジオは、壁一面に鏡を貼った本格的なもの。

ОHANAカフェでは、ワンコインプログラム「げんき塾」のほか、英会話教室(別料金)や理学療法士を招いての講演も行っている。貸しスタジオ(1時間千円)も実施する。カフェは、9時~16時。日曜休み。問い合わせ072・294・0270 

ohanacafe2.JPG

 

★地域の交流カフェ「ОHANA」
 072ー294ー0270
 城山台2丁2−17
 営業時間 9時~16時
 日休

大阪府堺市南区城山台2丁2−17

< 前のページに戻る

TOPへ戻る▲