ウワサのお店

トピックス

物件購入の判断材料に!/一級建築士事務所カザールホーム

(17/06/06)

 中区深阪4丁の一級建築士事務所カザールホーム0120・45・8540では、古くても資産価値のある物件を購入してリフォームする事を提案している。新築マンションは消費税、業者利益、販売管理費などで、構造的に相場より2割ほど高くなるそう。また、およそ築15年まで価格が下がり続け、それ以降は下げ止まるというデータが発表されており、資産価値が減りやすいとか。そこで同社は中古不動産の価値とリスクが自分で判断できる「SelFin(セルフィン)」を導入。不動産情報サイト「SUUMO」や「HOME’S」で見つけた気になる物件のアドレスを入力するだけで、誰でも簡単に調査できる。調査できる内容は、全国データをもとに想定価格を算出した「価格の妥当性」、地域性から判定する「不動産の流動性」、住宅購入者の支援制度「住宅ローン減税」、その他「耐震性」、「マンションの管理状況や管理費・修繕積み立て金の妥当性」など。現在は中古マンションのみ対応。カザールホームのホームページから無料で利用できる。「お子さんやお孫さんまで、ご家族みんなで安心してご利用ください」

 

d746f3b042725e031b50b3bbe2c744f27eabd1d2.jpg

< 前のページに戻る

TOPへ戻る▲