ウワサのお店

トピックス

品揃えが自慢の酒店/「酒楽 掬正(きくせい)」

(17/11/27)

金剛1丁目の地方名酒販売店「酒楽 掬(きく)正(せい)」072・366・6660は、全国の地酒や希少銘柄など、品揃えが自慢の酒店だ。
「本当に良い酒を広く知ってもらいたい」と全国の蔵元を訪ね歩き、直接取引する蔵元は50以上。ただ酒を販売するだけはなく、蔵元と共に日本酒文化を守り、広く伝えていくのだという使命感に溢れる。
今、全国の酒ファンの熱い注目を集めているのが、5つの蔵元(白瀑(しらたき)・山本、一(いっ)白(ぱく)水成(すいせい)、ゆきの美人、春(はる)霞(がすみ)、新政(あらまさ))が集結し、共同して1つの銘柄を作成する秋田の蔵元技術者集団「ネクスト5」。その第8弾となる銘柄が「ハーヴェスト2017」720ml8200円(消費税別、11月下旬頃発売)だ。若手天才建築家・田根剛氏とコラボした斬新なデザインの瓶でも話題となり、予約が殺到している。「ネクスト5」の全銘柄が揃うのは、大阪府では同店だけ。詳細は問い合わせを。この機会にぜひ日本酒の新しい風を体感してみて。月・火・木~土10~19時、日11~17時。水・年始休。

kikusei2.jpg

kikusei3.jpg

kikusei1.jpg

< 前のページに戻る

TOPへ戻る▲