皆さんの声

7月11日=某政党の幹部に高村某という政治家がいますが、「へ理屈」「詭弁を弄する」ことで有名。「さらがい」氏と重なりました。「後追いで二番煎じの報道をあえてする必要はない」から、例の市議のことは載せない。「ご都合主義」ですね。ポストに勝手に入れられている「読者」?からすれば、事実はもちろん、どんな「切り口」で報道するのか、興味がある訳です。だって、いつの頃からか、ベールをはいで「維新」の準広報紙化――そんな声は届いていませんか。いまや、単なる情報紙ではない――している貴紙としては不都合な件だろうと思います。それでも報道する。それなりの「矜恃」があればね。このへ理屈は「報道の矜恃」が皆無です。今回の詭弁はやっぱりなぁ。そんな程度なんだということですね。お節介ついでに一言。

  1. 「一流紙」「三流紙」の言葉がやたら飛び交います。(以前から)おそらく皮肉を込めての使用かと思いますがやめた方がいいでしょう。他の記者達にもプライドがあります。
  2. 今回のような詭弁、他の記者さんたちは、何も思わないのでしょうか?物が言えない?だとしたら、先は短いですね。
  3. 情報紙に徹すること――これが貴紙の生きる道。それとも旗幟鮮明にする?

2aa7575b6d7f7d810a2355939672d0a7f8864546.jpg

 

 ――と「コミュニティ」の情報紙化に賛同する一市民さんからはがきで。

 

◎ご意見ありがとうございます。これからの活動の参考にさせていただきます。

7月11日=竹山市長の後援会みたいな政治団体からアンケートが送られてきたんやけど、切手不用でアンケートが送られてきたんやけど、切手不用で送り返すようになってるねん。その金はどこから出てるんやろうね。後援会が払ってるんやろうけど…
 都構想に賛成か反対かを記入するようになってて、「大賛成です」って書いて出しても、ちゃんと集計してくれるんかね。出すのもバカらしいけど――と電話で男性から。

◎堺市の市長選も2ヶ月後となりましたね。じっくり考えて投票したいと思います。

7月10日=竹城台で内科を探しています。――と電話で女性から。

◎「暮らしのファイル」から高橋クリニック土橋内科医院を紹介しました。

 

7月6日=7月6日号紙面の「記者のつぶやき」で櫻井記者が紙袋が捨てらないと嘆いていましたが、私は泉ヶ丘の南図書館に寄付しています。本を借りて持って帰る時に紙袋を自由に使えるので便利ですよ――と電話で男性から。

◎良い情報をありがとうございます。記者にも伝えておきます。

7月6日=ふとんの打ち直してくれるところはありますか?――と電話で女性から。

◎「暮らしのファイル」からふとんのかわい 泉ヶ丘店を紹介しました。

7月4日=6月15日号の随行職員の記事を読んで、
・随行職員だけでなく他の課の残業や有給取得も調べてほしい。
・病院で市長を見たのだけど、自分の診察に公用車を使ってないのか?など、追及して調べてほしい――と電話で女性から。

◎貴重なご意見ありがとうございます。社内で検討し、担当記者にも伝えます。

6月30日=前に紙面で見かけたのですが、泉田中の近くに陶芸の作品が並んでいるカフェはなんていうところですか――と電話で女性から。

◎「暮らしのファイル」から茶房 喜楽歩(きらくっぽ)を紹介しました。

6月28日=栂地区で、個人で大人向けにピアノを教えてくれるところはありますか――と電話で栂地区の女性から。

◎栂地区では楽器店の音楽教室はありますが個人教室がなかったので、槇塚台のピアノ教室を紹介しました。

6月28日=植木の剪定をシルバー人材センターにお願いしたいので連絡先を教えてほしい――と電話で女性から。

◎「暮らしのファイル」から堺市シルバー人材センター中・南支部を紹介しました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
TOPへ戻る▲